認知行動療法のご紹介
認知行動療法のご紹介 認知行動療法は、うつ病の再発防止にも効果があると言われています。

認知行動療法

認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy :CBT)

心理教育プログラムの中で、ストレスに上手に付き合っていく方法を、グループワークを通してみんなで学んでいきます。

今まで積み重ねてきた習慣や経験によって凝り固まった物の見方や考え方を柔軟にするトレーニングです。
認知とは、ものの受けとめ方や考え方のことを言います。
うつ病の方は、「ものごとを大げさに考えてしまう」「悪い面をみると、すべてを悪く考えてしまう」「自分の責任と思い込む」など、否定的な認知に偏りがちだと言われています。

また、うつ病がいったんよくなっても、本人の行動パターンが変わらないと、職場や家庭で以前と同じことを繰り返し、うつ状態に陥ってしまい、慢性化することがあります。
認知行動療法は、自分の気分の状態を把握し、認知のゆがみに気づくことで、気分(うつ気分や不安感)の改善を図り、問題に立ち向かえる柔軟な考え方や行動を日常生活の中で、自然に実践できるようにすることがねらいです。

認知行動療法は、うつ病の再発防止にも効果があると言われています。

ストレスマネジメント

うつ病の危険因子の一つであるストレスについての正しい知識を身につけ、上手にストレスを対処していく方法を探しましょう。
ストレスをコントロールすることは、病気の回復だけでなく、予防するうえでも重要です。

アサーション・トレーニング

相手にも配慮しながら、自分の気持ちや考えをその場にふさわしい方法で表現すること。

再発予防

病気に対する理解を深め、再発予防に関する正しい知識を身につけることで、社会に復帰後も安心して就労できるようになります。